寿ミ田川

江戸の楽陶。1819(文政2)年頃に佐原菊塢(きくう)が自邸内に窯を開いて、新梅屋敷(向島百花園)内に起こした。隅田川中州の土を採り、作品は新梅屋敷で土産物として売られ、都鳥の絵を描いた器や都鳥の香合が代表される。菊鳩の陶法は諸説あり、京都の名工尾形周平より受けたともいい、あるいは酒井抱一所伝の乾山伝書に倣ったとも、吉向治兵衛(きっこうじへえ)から学んだものともいい伝わる。菊鳩は早くから風雅をもって抱一・文晃・詩仏・千蔭・春海・蜀山らと交友があったため、隅田川焼は当時の名物としてもてはやされた。
震災前(明治から大正)に今戸で製作した隅田川焼の蓋置。この華奢な千切(中央がくびれた立鼓形)は今戸の7代白井半七(1923年関東大震災に被災し、今戸焼の窯は崩壊。碌々斎に引き立てられ、伊丹市に移窯した焼物師)作。素朴なへら彫りや押し印で都鳥が水面にいろいろな姿で描くことを得意としている。その通りに透かし鳥と彫り鳥があり、長楕円形に行書体の「寿ミ田川」と裏の立ち上がりに長方形に「半七」の二穎の陶印を捺している。
今戸焼を代表する陶家の初代半七は京都の土風炉師より技法を修得したとされ、貞享年間に土風炉や種々の茶器を制作したと伝えられる。2代白井半七は初代の技法を継承すると共に、享保年間に瓦器に施釉した楽焼風の軟陶を制作して「今戸焼」と呼ばれた。4代~5代頃より京都の伏見人形の影響を受けた「今戸人形」を制作し、浅草寺参詣などの土産物として天保年間に隆盛した。4代~6代は「芦斎」、7代は「楽半」と号し、7代までを「隅田川半七」「隅田川焼」「今戸焼」と呼ぶ。ここまでが江戸の半七。9代は8代の作風を受け継いで乾山写しなどで有名。小林一三の招きがあり宝塚市、そして三田市大原にと度々移窯し、共に料亭「吉兆」の創業者湯木貞一と親交が深く、作風が江戸今戸からかけ離れ、華やかな京焼の作風を取り入れ別物。

頂き物の自作茶杓

すごい。試作の茶杓がざっと二十本以上。ほとんどが珍しい木材の無節、、、よりどりみどりぼくは二つ頂いた。

  • 紫竹にて、二つ節(うちの茶杓では初)。
    長さ:19.8cm
    「松風」と銘をつけた。二箇所あることからシューシューと釜音が聴こえる。
  • 桜木にて、表の節の部分に幅をもたせて木肌を象嵌のようにしてある(ちょうど小降りの棗の直径にピタリと合う。乗せると白い部分が際立って美しい)。
    長さ:18.8cm
    「雪卯櫻」と銘をつけた。
    口覆が花兎金襴(うさぎ)だったので。白と茶色のコントラストをうさぎに見立て。

いずれも藤掛宗豊作。早速、自主稽古で使用してみることにする。

軽視転居記念日

今日で隣が去って、ちょうど一年になる。ここは全く違う世界になった。
この一年、全く仕事ができなかった。大学生の頃からデザインの仕事をやってきて、初めてだ。12キロも痩せた。とてもきつい一年だった。立ち退いた夫婦がうちの土地に残した問題は、まだ余波が続いている。害はあっても利はない二人の人間であった。
とにかく、臭い、汚い、危ない、が全くない!さっぱりと綺麗になった。goole_mapでもこのように(過去の履歴には怨念の家屋が)↓

それにしても、ネズミ屋敷が消えたので、本当にいなくなった!ありがたい。

令和4年10月号 同門

pp.14, 15からの抜粋

お茶の味:古田織部⇄浅野幸長

一、うす茶はいかにもそそう(粗相=利休好み)に、

武者小路(有隣斎)
作意のないさらりとしたおどろくくらい手ばやく点てる
茶の気が失せぬ工夫


雲がすぐ消えるように脚が速い=雲脚茶(うんぎゃくちゃ)
泡を一面にたてない
粗相の茶の趣

一、こい茶の時は、柄杓に湯一はいよし、すくなきは悪く候、

宗旦の濃茶はゆるかった。
右手で茶を練り、左手は茶碗に添えなかった

織部から濃くなった。湯を注ぐことを一度で済ませた
茶の量と湯の量は決まっているので(計りやすい)

借金満額返済

マスク・パッチン事件からちょうど一ヶ月。とうとう借金がなくなった。とても気が楽になった。
あとは二つの倉庫。まだ残っている大量の書籍と我社の刊行物。既にレコードとCDの断捨離は終わっている。もう少しでまた気が楽になる。
今日は逢源三百五十遠諱追薦、お軸を出して、供茶。

ps. 断捨離といえば、ついに名刺に手をつけた。おそらく一万枚以上あった。今までいただいた名刺一枚も捨てたことがなかった。が、とうとうarchivに収納するものと、情報としてkeepするものだけとなった。

宗鑑書「初祖菩薩達磨大師」

近江国栗太郡志那村に生まれ、志那弥三郎範重といい、幼少時より室町幕府足利義尚に仕え(祐筆とも)、一休禅師とも親しく、能書家として知られている。書風は尊円流の素眼である尭孝の流れを汲み、時に粗略と思われるほど荒削りで自由奔放な筆運びで後に「宗鑑流」と認められる書体系を確立した。筆耕や油筒売りを生活の糧としていたと伝わる。義尚が鈎の陣で没し、後世の無常を感じ出家した(1489年)。その後山崎に「對月庵」を結び、山崎宗鑑と呼ばれた。[wikiより]
初祖は号で、達磨禅師のこと。肖像画や略姿の掛軸が多いが、江戸初期の茶会記の多くは書。なぜか菩薩を略した黄檗の僧の六字一行が多い。

茶杓 淀川と雨請

良休宗佐作茶杓「淀川」は、即中斎が自作の基本とした茶杓である。如心斎は、千家から離れていたこの茶杓を手に入れ、与太郎(啐啄斎)三歳の時に、如心斎の替筒も添えられ、箱の蓋裏に「随流宗佐紀州ヘ下向之節、淀川舟中ニテノ作ナリ、与太郎ヘ」と記している。了々斎も三十八歳の時、吸江斎が七歳で久田家から養子に来た記念に「淀川」を贈っていいる。その吸江斎もまた碌々斎にそれを譲理、その時に「淀川写し」も添えたということになっている。このように家伝を代々譲るという記録が。基本、これこそ流派の源。表千家同門なら「淀川」を拝見しておきたい。逆理のような「雨請」と並べてみたい。

出典:特別展「200年遠忌記念 啐啄斎ゆかりの茶道具展」2008
https://www.kitayamakaikan.jp/test/exhibition/past/2005/special20080426_item03.html
出典:金沢市立中村記念美術館、替筒が随流斎作で、「雨請」と似ている。
https://www.kanazawa-museum.jp/nakamura/collection/collection_6.html

「雨請」もちろん二重箱で入念に帛紗で覆って。前の所持者の方はとても大切にされていたことがわかる。