軽視転居記念日

今日で隣が去って、ちょうど一年になる。ここは全く違う世界になった。
この一年、全く仕事ができなかった。大学生の頃からデザインの仕事をやってきて、初めてだ。12キロも痩せた。とてもきつい一年だった。立ち退いた夫婦がうちの土地に残した問題は、まだ余波が続いている。害はあっても利はない二人の人間であった。
とにかく、臭い、汚い、危ない、が全くない!さっぱりと綺麗になった。goole_mapでもこのように(過去の履歴には怨念の家屋が)↓

それにしても、ネズミ屋敷が消えたので、本当にいなくなった!ありがたい。

NHK 歴史探偵 茶人・千利休

初回放送日: 2022年9月7日

石田三成の関わりは、相当深いテーマです。
このように結論付けるのは、いささか軽い。さて、

付け足しのテーマ:「茶わんの科学調査」赤外線サーモグラフィーで温度変化について、

  • 樂家二代・常慶作の黒樂茶碗=プライスレス
  • 天目茶碗(元-明時代)
  • 珠光青磁茶碗(明時代)
    いづれもこのように並べるじたい、茶碗に、過去の所持者に、失礼。
    そういう由緒の茶碗。単に自分のwを見せびらかすコーナーに成り下がった。

番組では、80度、70cc(お茶を点てるのと同じ温度と量)の湯を二人が同時に注ぐ。安定の樂、「樂茶碗は、熱しにくく冷めにくい性質を持つことがわかりました。」だって。当たり前。おそらく武者小路ですから、実際はこのように本物の茶碗にいきなり80度のお湯を入れたわけはなく、その前に、、、しかし、あれは誤解を生む。
あの三つの素材の熱伝導率はあの実験をやらなくても明らか。それを見せたいのであれば、小学校の理科の実験でもこのようにはやらない? あの茶碗でなくてもよい。番組中にどのように放映されるかは、事前にVで見ているだろうに、宗屋って馬鹿だな。なぜ利休が樂に茶碗を作らせたかとは違うでしょ。これでも家元後嗣か?笑

利休のリアリティの凄さは、科学調査をベースにそれ以上のことであると
もっとリアルな実験をして欲しかった。あの限定された茶碗でやるのであったら、ただ湯を入れるだけでなく

  • 茶碗の中と茶碗の外の温度の変化、手で持つまでの変化
  • あの茶碗で、薄茶と濃茶の点前中、各客が口にするまでの変化
  • 正客と末客の違い
  • 室温との関係
  • 銘柄の違いなどなど、どれか一つの実験で、

明らかに当時の茶の湯が(温度や人の感覚に対して)意味深かったかを全く知らない人に分かりやすく。できないのであれば、断る。であろう。結論=売名。

参考:「液体の構造と溶解」など
京都帝国大学理学部卒、堀内宗心宗匠
過去にきちんとやる人はやっている。不用意に茶碗を見せびらかしたり、遊びで茶碗を使用しない。https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakukyouiku/34/3/34_KJ00003482275/_pdf

AERA 1930号

p.7のWeaponization「武器化」が日常用語化しないことを祈る:
同意見。辞書に載らないことを祈る。存在しなくてよい言葉。ある国が正統を主張し武器が欲しい武器が欲しいと言い出して、長引いて、多くの人が死んで、すべてを破壊し、、、武器を作っている国の経済が促進し世界を狂わす。平和の方向に誰かが向けていないと。

令和4年9月号 同門

4ページにA氏について載っている。K氏の頃から、、、なるほどと思う。世に対する姿勢が利休や元伯宗旦の頃の真逆なのだと感じた。先日まで紀州徳川家のことが連載されていたと思ったら、全く矛盾した昨今である。即中斎(最後の家元)が現代化(革命)していなければ、ぼくのような人は茶の湯を嗜むことはできなかった。深く知るにつれ、益々ぼくは而妙斎、猶有斎の時代の茶の湯には親しめないということであろう(両家元の道具と軸はひとつもない)。バーゼル派や琳派のように流派には終わりがある(例え、館が現存していても、目に見えない人の精神なのだ)。

「同門」という冊子のタイトル文字は即中斎筆である。このことがすべてを物語っている。

付記:数寄屋の棟梁 笛吹嘉一郎が戦後の宰相の好みに応じ創意と技を注ぎこんだ貴重な茶室「箕山居」。東京K氏邸(南平台町?)にて昭和33年完成の建物を、昭和47年に山口市泉都町へ移築。https://www.ymg-takken.or.jp/property/detail?p_no=000001455602

ご苦労さま。

とうとう家屋が消滅した(明日ユンボが退場して解体終了)。一言、かわいそうな家だった。ご自分で建てた家でないと、こうもひどいことができるのか。手業で毎日少しづつ行う解体でよかった。この家を壊して初めて、オヤジが立てた自宅の謎がいくつも解明された。なぜ全てギリギリの寸法でできているのか。当時は大変だったのであろう。それにしても、「この家、傾いている」という最後の一押しの言葉で決断したことだったが、、、この後述談で明らかに。正しかったこと。予想通りだったこと。意外だったこと。
きく人きく人、近所の人の多くはなぜ壊すの? 残してリフォームしては、人に貸せばと、、、しかし完全に破壊して、更地にすることが正しい判断でした。リフォームしたらン千万では済まないし、その後どんどん追加での出費は必至だったろう。なんと通りに面した家屋の前部の通し柱がすべて切られて(おそらく車庫ガレージにするため)、土台に接しているすべての柱の下が腐っている(解体屋の話だと周りのうちのレベルの中で一番低いためここに水が集まる*=木に水が染み酸気を帯びたすえた異臭が長年したはず)。おまけに屋内で駐車していた部分だけ布基礎の上に乱暴に分厚くコンリをまいている。その上部に未だに用途不明の中二階=立って歩けない、頭をぶつける理解不能の汚い部屋(汚れから想像して駐車の物置?入れたら最後、全く奥のものは取り出せない、掃除を一度もしていない空間)。なんとその上部に梁を外して鋼材を横に渡している。それも二カ所。玄関の頭の1本は完全に柱に渡っていない。途中で止まっているのでおそらく落ちてくる。その他ところどころ重要な梁も継ぎはぎだらけ、本当にこの家は危なかった。後部も違法建築を足すために通し柱が切られている。信じられない有様が、解体とともに明らかとなった。これらの素人の考えのその場の処置で、家をもたせたつもりたったのだろうか? (2階にあったものすごい量の家財の荷重)どおりで家が傾くわけだ。木造の日本家屋をなんだと思っているのか。これでは住居でなく、まるで改造された倉庫だ。
最も迷惑なのは、地境のブロック塀の中央にあった転倒防止のブロックの支えの鉄筋を切ってその部分を取り除き、違法増築をしていること、作為的としか言いようがない。公道に向かっている部分も約40cm縁石ギリギリまで迫り出してサッシをつけている。巧妙な狡い増築(その部分の基礎がない)。

軽視さんの余韻は家が残っていたらとれなかったであろう。しぶとかった。引き渡されてから即、全ての扉と引き出しを開放して、毎日外界と同じ空間にしても、もとの匂いが消えない。そしてアースレッド16畳のを一階二階2つづつ焚いて、急遽ブルーシートを敷いてみたが、それでもダニに刺される。痒い。もちろん家の中は一度も靴は脱がず初めから土足であがってる。床に直に間違っても座わることはできない。毛羽立った古い畳の上にゴザを乗せて画鋲で止めている。この湿った隙間ところには確実にダニが住んでいる。正確には気がつくといまだにクレゾールの匂いがする。どこから滲み出てくるのか? 家に染み付いていたわけだ。壁がすべてとれて柱以外全て運び出して、屋根が消え雨が家の中に入るようになってようやく消えた。目下の近所問題のネズミは減った。以前はこの家に何度も入っていくの目撃していたが、なんと飼っていたのだ。玄関のサッシ横についていたへんな出っ張りを下から破壊したら、なんと米が飛び散った、、、餌付け場だった。

家に入ってすぐ眼に入る部屋の隅にある垂直の太い塩ビ管はなんだろうと疑問に感じていたら、2階の便所から直接おちて来る下水管。普通はリフォームで隠すのが常識と思う。上から下まで全部剥き出し。よくこのような家に一日中いられたものだ。とにかくきたない、掃除をしない。窓の桟という桟に埃が地層のように重なって積もっていて、生まれて初めてみた状態。屋外にいた方が肺は綺麗だと思う。

最終的には違法増築したところだけで、生活をしていたのであろう。ダイニングキチンといえるのかわからないけど、違法増築した台所、食事していたテーブルの真下に下水の枡があった。床下のその上にカーペット敷いてしまって、わからなようにしてある。そのすぐ横には、おそらくメッキをしていた旧便所で、薬品の収納庫。ここ臭うだろ。まして、食べているところのすぐ後ろが換気扇のないトイレで、すぐうしろ1m。トイレと風呂場に換気扇がない。小さな通気口だけで、棒の先のフックで開け閉めだけする。おそらく、うちにあんなに匂っていんだから、開けた後扇風機か何かでこちらに送っていたのだろう。この空間と台所が一緒。ちょっと見えたことがあったが、この場所はもので溢れていた。直線にしたら、数メートルのところで、このような生活をしていた夫婦がいた。それも45年間。そういえば、引越しの時のトラックの積み荷の量、粗大ゴミの量を思い出す。どこにあの量が存在していたのであろうか。戦後バラックと同じ。これで貴金属を扱う仕事?笑らわせるな。
ライフラインの複雑さ。水道管の驚いたこと、はじめは全くわからなかったが、全てが二重。元々の内配管は使用していない。後付けの外配管で屋内には壁をその必要なところを管を入れるためにぶち抜いて引いている。電気も恐ろしいタコ足配線で、かなり多くを剥き出しの外配線。壁の中の配線が生きているところはどこなのかさっぱりわからない。もはや自分達もわかっていないのであろう。これではいつ火を吹いても不思議ではない、とても危険。

家に立ち入って即不吉を感じて、まずしたことは、家全体を塩で清めをして、全先祖の身近な弟子丸大仙の書で軽視の怨念を押さえた。その延長上にあることは、取り外した棟上札を丁重に近所の氏神様(元三島神社)でお焚き上げをする予定。とにかく怖い。ここまで安全に取り壊すことができたのは奇跡だったのかもしれない。うちの厄は消えた感じがする。ほんと疲れた。

それにしても、生まれて初めて家の解体屋さんの仕事を目の当たりにした。SAKURAREBLESSの安藤さんと仙石さんは素晴らしい職人(江戸時代の火消し)だった。感動した。多謝!
https://kaitai-sakura.jp

ご苦労さま。

その四、礼儀を知らない非常識さ。
挨拶というものをしない。普通はよく若者が槍玉に挙げられるが、そうではない。80にもなって非常識極まりない旦那。まず引越しの挨拶は、ゴミ出しのついでで、偶然に顔を合わせた時に「あっそうだ!」その一言で相手を捕まえて、自分の言いたいことを一言二言と始末の重要なことを相手に告げ、返礼の品を渡す。とんでもない習性だ。失礼極まりない。そして似た者夫婦、奥方は、ちょっと留守中をねぎらうために気持ちばかりのお土産を差し上げても「私はあげていないのに、、、」手を振って断る。せっかくお互いの気分を少しでもよくするための行為が逆にあだになった。下町の近所付き合いのいろはを知らない(隣と言っても、ほんとうにくっついているのですから、好きでくっついているのではないが)。町会の回覧板は彼らが長年仕切っていたが、二週間遅れで(締め切りものは役立たず)平気でいい加減に回してて、本部から昨日きたとかよくわからない言い訳をしていた(責任感が一切欠けている)。

普通の人であれば、このような長い間、こちらは地主であって所有者、彼らはそこを使用している借地人であって仮住まいの身。江戸時代だったら上下は明らかである。現代はこの理論は通用しないが、上下はないにしてもお互いお世話様の気持ちが発生して当然。嘘でも一言、こちらに礼をいうのが当たり前。常識がないというしかない。今まで40年以上もうちの庭の敷地をお貸ししていた夫婦のことを何も知らなかったとは、、、ぼくにも落ち度がある。かといってこのような輩をいちいち気にしていたら仕事にならない。

受けた教育ではないのかもしれないが、一度も社会に出ていない夫。子供のいない世間を知らない妻には、おそらくごく当然の行動ばかりなのであろう。ぼくには妻子はいないが、大学教員をしている時に、長岡にすむ学生の親に、いわゆる親身になって話をした記憶がある。実の親以上の気持ちがないと地方都市の大学教員は務まらない。父親は泣いてぼくの話を聞き入っていた。さて、この輩とうちとの過去を調べたいぐらいだが、父はこの世にいない。一通の覚書が残っているだけ(この借地人だけにこのような書類=何を意味しているのか?)。これはぼくの想像だが、彼は満足に教育を受けていない哀れな人。10代で故郷から集団就職で出てきて、ある時、職から外されたのであろう。ちょうど40歳くらいで独立と同時に親からの遺産を手にし、うちの家作に。高度成長期に二流の仕事でそれなりに。町会の人付き合いは例外で、最近まで積極的に輪投げなどをしていた模様。最後まで、荒川区でなく台東区に籍を置いていたのにも何か訳があるのだろう。ここ近所の職人とのつながりはない(情報もネット上に一切ない)。うちの父は銀器組合の審査員をしていたのに、何も輩のことを語ったことはなかった。よく思い起こしてみると、とても少ないぼくの彼らへの記憶として、唯一の事実は中学生の頃だったか、(高いアンテナを立てて)ハムをやっていたようだが、今この空き家の配線は素人(ビニールテープで粗末に巻いているだけ。先の朝鮮の方と全く同じ処置で、火災の恐れあり)。それと法華経だと思うが、よく鳴り物を叩いていたような(現在は、あまり耳にしない祝詞のようなとても短い念仏=気持ち悪いので仏壇があった床の間には、塩を撒いた)。最終的に本当に性分を知りたいのでできるだけ探ってみた。

契約時には、全く相手の人の顔を見ない、視線をできるだけ合わせないで意識的に避けている。ぼくは一瞬も離さず相手の瞳を見続ける。しかし絶対に目が合うことはない。引き渡しの時、総額の現金を相手の目の前に積んで見せた(送金の書類では何も起きないダメだ)。どうだ、礼を尽くすか。目はこちらを見ないが、初めて脱帽し一礼した。やっとした!失礼な輩が初めて礼をした。
この軽視(仮称)夫婦、人生で巡り合った人間の中で一番底の人間だった。【ごくろうさま】とは、ぼくは今まで使ったことのない言葉で、普通は「お疲れ様」を使用する。使用人など目下に対する見下した差別的な言葉と今まで思っていた。始めにこの言葉をこの連中から言われたとき(家の前の掃き掃除をしていた)の不快な気持ちが今も忘れられない。したがって、ぼくはこの人たちだけに意識して、何があっても、どんな時にも、不自然でも、お会いしたらこの言葉だけを口にすることに決めた。(仲介者を通しての交渉だったので、特に回答を求めることはないし)。
この「ご苦労さま」という言葉を受けてから、まずは相手を正確に知るという戦いが始まった。とにかく恐ろしかった。ぼくの周辺には全くいないタイプで想像がつかない未知の人間が相手である。まだまだ小さな出来事は山ほどあったが、ぼくは63年生きてきて、このような非礼な人間に初めて出会った。最悪な気持ちが何年も続いた。なので今年末のブログにこのまとめを記して終わりにする。来年はこれらのことを全て忘れ、新しい清々しい年にしたい。

ご苦労さま。

その三、住まいに対して無知。
錆びて朽ちた鉄製の物干し場(ベランダとは言えない)が釘一本で引っかかってる。とても危険。大地震があったら事故は必至。今も冷や冷や。家全体の取り壊しは最速で来年3月(昨日の打ち合わせで)。この空き家を観察して言えることは、軽視(仮称)氏は住居というものを全く知らないと言っていい。この二階に付随している物干し場は完全に違法建築の上に乗っている。

いい歳をして固定資産税を今まで一度も払ったことのない輩、しょうがないのかもしれないが、若い人だってとても苦労しマンション購入し、この税を払っている。それにも届かない人生を続けていたわけだ、いかにも自分の住まいであるかのように。ようやくそれに気づかせてあげたのはぼく。今はどこぞで、その税を払って気軽な生活を営んでいてほしい。さて交渉当初に、瑕疵担保を事前に免責しようと絶対条件を突きつけてきた。つまり瑕疵がすでにあるということを自分から証明していたのだ。こちらはそれをのんで逆に解放された人生を決めてさしあげたのですから、感謝してもらわなくては。

  • この近所で住んでいるのですからせめて:引越しゴミ、どう見てもリサイクルの利かないデロデロの段ボール、出し方も知らない非常識。ほんとこぎたねえゴミの出し方をする。
  • リフォームの滑稽なこと:屋内の水道を修理せずそのまま放置し、家の周りに新たに這わせる外の剥き出し水道管(地震で破損したら隣人に水が)。
  • ガレージで生活していてガソリンの匂いも平気:その横でいつも火を扱ってて危険、もし爆発したら(地震で引火したらうちら隣人は吹っ飛ぶ)。それと意味不明の自動車中心の家屋内、赤いシール、蛍光シール(おそらく暗闇で生活していた?)そして仕上げに子供用交通シールが所々。
  • ネズミ屋敷:餌付けをしていた証拠が見つかった。殺しては人の敷地内に入れておく。ついでに自ら食したスペアーリブの骨も。
  • 畳の部屋:60年間一回も畳表は取り換えないで、古い畳の上にゴザをかぶせ画鋲で止めている。その上に布団を敷き平気で寝ている。それらの隙間に無限に埃とダニが。その布団を布団たたきで物干し場で叩く。布団をたたまないで、その部屋の仏壇に、気が向いた朝の念仏(安物線香添え)を。
  • 生活空間は明らかにこの三箇所のみ:上記で寝る、冷凍食品を食う、人工香料づけの入浴、実に不経済な家屋。80%は使っていないと推測できる(おそらく高度成長期の負の遺産=粗大ゴミで一杯の物置状態)。つまり、上記のような空間に二人でたてこもっていたわけだ。

住まいの
★衛生上の問題
クレゾールはそのため常備、ぼくは数年前にすでに荒川区保健所に申し出ていた(もちろん散布は禁止)。いくら忠告してもやめない。うちが犬や猫を飼っていても、その頃から通路で嫌がらせを続けている。おそらくこの家の床下の水はきちんとはけていない。故に夏場は腐敗臭がする。苦情を言いにいっても「えっ、クレゾール、ダメなの?」とだけ。
★換気扇の問題
おそらく入居時にあのように設置されたのであれば、向こう隣に迷惑がかかることは必死、わざとである。普通換気扇は下降に向けるが常識だが、そうしていない。排気がモロ相手方向、窓に直接向けている。朝鮮の方への嫌がらせそのものである。

クレゾール+他証拠隠滅のため不詳薬剤(旦那好)と人工香料(奥方好)、その他不明の匂いが混入し、悪臭に毎日悩まされた。とにかく、家が腐っているのだ。この家の窓を開けると外の道路まで匂ってくる。空き家になってから、毎日窓を全開にして外気を入れているが、この異臭は消えない。一ヶ月以上経つのに、なぜか日に日に薬品の匂いがキツくなっていく。何の匂いがどこから出てくるのだろう。なるほど、この匂いを消すために人工香料を使っていたのか!
吉村昭の戦前のこの付近の小説に出てくるそのままの状態がここにはあった。「ドブ」の臭い。そしてその臭いを匂いで消す。このような混ざった毎日違った異臭がその家からする。この輩はいかに無知なのか、詳細に異臭のことを突き止めたいが、知らない方が幸せかもしれない。かわいそうな家屋、そして土地。早く解体してあげたい。
空き家を見て、何ら家には罪はない。そこに住んでいた無能な人間がこうするのである。解体まで事故なく建っていていただき、最後は酒をかけてお浄めをして、ねぎらうことにする。そして、この家を建てた棟梁のご家族がお元気なので、ご挨拶申し上げたい。

追記 12.29:そう言えば、氏の家で大掃除というのを一度も見たことがない。この家の桟をみるとよくわかる。埃が雪のように積もっている。ぼくはこのような部屋で普通に呼吸をすることはできない。コロナでなく自宅室内でマスク着用必至。

ご苦労さま。

その二、ほんとこの人、職人?どうやら詐欺に憧れているよう。
あけてびっくり、ゴミタメのような住まい。ファサード(外面)表だけは見た目いい、この通りに面した一面にだけサイリングを貼り付けただけだが、まずこれに騙される。このことに象徴されてる(よく見ると変色し、穴が空いた巻かれた雨よけ庇テントは一切取り替えていない)。
ファサードの玄関には常に貼紙と赤十字のシールでいっぱいの稀な自宅入り口、自分たちは「詐欺」ですと、証明している不思議な夫婦であった。なぜかこれら貼紙「詐欺にご注意」の区報のチラシを玄関サッシのガラスにセロテープで貼って、通行人に見せていた(意味不明)。おそらく憧れていたのだろう。
実際、建物買取の交渉で価格をきちんと論証した価格提示を一度もしてこないで吹っかけたいい加減な金額だけ提示してくる。とても恐ろしい相手だった。ぼくはうちの前を掃き掃除をするのだが無駄、すぐに細かい枯れ葉が、、、隣の氏の家のまえはいつも綺麗、、、何故だったのだろうか、笑。現代の名工、職人と名乗るからには、少なくてもそのような人は死ぬまで修行される方と個人的には思い込んでいました。ところが、この方のおそらく仕事部屋だった空間の汚いこと、この部屋は仕事どころか数十年物置それも立ち入ったことのない空間であったのだろう。「引越しは大変な大荷物でしたね」「はい、仕事のものがあって、、、」こちらは何にも知らないと思って、このようなやりとりが最後の会話。真っ赤な嘘でしょう〜金工の道具、ヤスリひとつ、一年も使っていなければ、使い物にならないことを知っていますよ。最後の一言まで本当にいい加減なこと言う男でした。

とにかく口を開けば嘘をつく。
最後の最後まで嘘をつく、たまに可愛いいい嘘ならいいけど、人を馬鹿にしたいや〜なものが残る嘘。「リフォームはしましたよ」この家屋にとっては3代目の住人だが、明らかに自分たちのために一度も直していない伏魔殿。

身なりもまた嘘のかたまり。
こちらに対して、三重苦のひとつ金欠で困っていると言いつつ、朝、近所にゴミを出すときに金のブレスレット?と擬似スイス時計使うような生活している。また、契約の時などは、いやにキラキラしている(いかにも貴金属業界風の)襟章をつけている。取引では職業柄この単位の現金には慣れていると言ったり、身なりはぼくとは比べものにならないほど、よっぽどブランド金持ちぽい(ぼくはブランドぎらいですが)。

外観からは想像できない。こんなムラのある生活をする者が伝統工芸士?
二週間に一度しか掃除をしない、、、朝はだらしない。布団も畳まない(下町なので、我家とは長屋みたいで見たくなくても見えてしまう)。でもおもちゃのようなツーシーターのマイカーだけはこまめに掃除をする。私見ではあり得ない非常識な日常生活。

一番おもしろいのは、こちらがリノベで銀のペンキを塗ったら、、真似して自分で塗れるところだけ同じ銀のペンキを塗った。濡れないところはそのまま、このような職人、いるのか? この家が建った当時の窓外手すりや庇屋根のペンキが膜状になってはがれて飛んでくる。現に氏の作品を持っているが、急須と仏壇のローソク立ては実に安っぽい。しかし自称、江戸銀器「伝統工芸士」ということだ。

ぼくにはいまだに信じることができない。40年以上も東京下町のこの一軒家に住んでて、引越しに誰一人として、手伝いにこない不思議。人望のない男。もし人の模範となる職人だったら、弟子の一人でもいて、手伝いに来るでしょう。近所に外出時、可愛らしいコサージュぶる下げて、流行りのキャップにサングラス。ニコニコと近所に愛想を振りまいて(お別れ会などしてもらって)、健康そのもの。しかし、交渉では健康上の問題ありという、「病院を変えるのでン千万を要求」。この方は至って健康そのもの(良いこと)。スタスタ歩く。階段もヒョイヒョイ。普通ならこの年齢からして、先人の言うことは信じるのだが、、、人間は歳で判断してはなけい(じつに幼稚な老人もいる)。

  • その他:車には「警視庁」とある。検索したがこのような証書はひとつも見当たらない。フロントガラス下に優良ドライバー? 指導員?と装うが、工事業社に対して路上で平気で危険な交通妨害。
  • 入り口のサッシには「ALSOK」の嘘のシールが。これは誰でもひと目でわかる。
  • 家の中の補修は全てガムテープと養生テープで処理、応急処置だらけの家。この仕業はどうみても職人じゃない。単なるドケチのやっつけ。それにしても工芸を志した輩の住まいであろうか、変なおまけシールが部屋中の建具に貼ってある。自身がガキ(この夫婦には子供はいない)。
  • 命を粗末にする。ショッキングだった2018年10月3日朝。土や植木鉢の廃棄のために一斉に全ての植木の幹を切断、見るも無残残酷な処分した。そのことによりベランダの加重をなくした日。それ以前は、重みでズレてくるので、台座の木を時々叩いて戻していた。酷い応急処置。

実は実家に完全に居を移す前は、この軽視(仮称)氏のことなど100%気にも止めていなかった。全く眼中になかった人間。しかしこの騒ぎで(コロナで自宅に居るため、ほぼ毎日欠かさず)人間観察をしてみたら彼らの普段の所行がとても不自然。職人どころじゃない、人間として、ぼくからは立派な詐欺夫婦といえる。

ご苦労さま。

その一、一件向こう隣からのうちを見た第一印象から、ことは始まった。
ちょうど2年前の9月、同じように朝鮮の方が退去された。その建屋の二階から初めてうちの裏(ぼくが生まれた頃はうちの庭だった)を違う角度から見ることができた。驚愕した。つまり隣接した違法増築のバラックの向こう隙間に昔の庭の一部が残っていたのだ。でも最悪。汚ったえな、ネズミ道。危ね〜な、鉄の腐敗。父はこの様子を一度も見ることが叶わなかったわけだ(表通りからは一切わからない=ファサードについてはいずれ)。生きていたらおそらく同じ行動に至ったに違いない。借地人の質は国籍ではない。父の代からの45年そこの住人だった軽視(仮称)夫妻が今日法律上立ち退かれた。終わった。長い嫌な戦いだった。とにかくクサイ隣人だった。この全くのあかの他人が長い間、借地ではなく、うちの敷地内(同住所)に、住んでいたかたちになっていた。ようやく、小泉家本来の姿に戻った。(今日はおばあちゃんの命日でもある。ありがとうございます)
ここの住人だった旦那はたちが悪い(顧問弁護士は曲者と表現したが)。とにかく人の話を聞かない。待てど暮らせど返答をしない。会って話してもいつもいい加減に返事をされ会話にならない。一番驚いたのは、話し相手が用意した書類を手にも取らないで、作った本人の前で机の上にあるその書類の一番上の一枚だけの角を指二本でつまみ上げて蔑ろにチラ見する。一生懸命わかりやすくこちらの状況を何ヶ月もかけて作ったものをこのような見方をされた。このような無礼、生まれて初めて受けた。三重苦の一つとか面と向かって言われ、とにかくいろいろあったが、今日は久しぶりに晴れ晴れとした気分。近年ない心の底からの青空。毎日漂ってくる異臭(腐敗した臭いと人工香料の混ざった匂いそれと隠し持った化学薬品も加え)、たまらなかった。参考=京都新聞12/2付「人工香料「私には毒ガスのよう」 化学物質過敏症の苦しみ知って、症状ある人たちの思い」https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/394843に同感。
ようやく、炉でたく香を聞くことができる。本当、このような臭い腐った家がうちの敷地内に建っていて、うちはぼくで終焉を迎えるのだが、この酷い状態が結末ではご先祖様たちに申し訳が立たない。そして残りの人生、この臭いのから解放される。ただただうれしい。しかし、今まで半世紀近くも、このような輩がすぐ隣に住んでいたとは、灯台下暗し。隣人の沈黙は恐ろしいというしかない。

追記:鍵を引き渡されたので、顧問弁護士の先生と早速家屋の中をざっと一望できた。改めて
汚臭不衛生
よくこのようなところに、、、住んでいたのではない、立てこもっていた。ひとことで言うと、この夫婦は一戸建てに住む資格がないと感じた。単に毎日そこに居ただけでその借地権は確かに強いのだがただそれだけで、一方全く価値のないその家屋はかわいそう(詳細はその二以降に)。