大隠

悟りきっていて、俗事に心を乱されない隠者。

なるほど、憧れる。「大隠(たいいん)は市(いち)に隠る」«王康琚「反招隠詩」から» 真の隠者は、人里離れた山中などに隠れ住まず、かえって俗人にまじって町中で超然と暮らしているということ。大隠は朝市 (ちょうし) に隠る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です