istanbul/wWeingart session

帰国しました.正月を東京で過ごさなかったのは,バーゼル在住の時以来.
そして,コンピュータも携帯も18日間全くさわりませんでした.
1.
ワインガルトの本=日本語版今年刊行の企画打ち合わせ
2.
“How Can One Make Swiss Typography?”日本語訳原稿チェック
いっしょにやってきました.両方とも,こって作ります!!!
==
この本は隙間の時間に偶然見かけてしまったので,つい.
当然,アタチュルクの前...もちろん活版.
Mehmed Lebib=Arabic teaching grammer book
istanbul, 1858
20090108-arabic02p.jpg

Istanbul->Basel session

今年もあと2ヶ月.結局年末年始,インド,モロッコでなくイスタンブールに決定しました.
15日間,ワインガルトとふたり籠って,タイポグラフィの企画を練ります.
とうとう,ここのとこ夢中でやっている仕事が実現する? ちょっと来年が楽しみになってきました!!!
==
そっか,50回目の誕生日は東洋と西洋の交わるところ,聖地にも近いし...なんか呼ばれていますね(^^)
ワインガルトの50回目の誕生日はZurichのBodegaというスパニッシュ・レストランでした…皆むちゃくちゃ飲んで騒いで…深夜まで…終電でBaselまで戻ってきたっけ!まったく楽しい時でした.

to India

苦しかった日々を思い出します。2年前の今日という日、とっても大切な晩でした。出会い、そして助けてもらった。ここのところ野放図な...そして今日。
>Good decision. Will write more details. Start to study Radjastan . . .
>
>W.

バーゼルのサマープログラム 続報

ふたりともよかったですね〜〜.
本場で,本物ができて.ぼくも誰よりうれしいです.
>小泉様
>
>今日でとうとうワインガルトの授業が終了しました。
>授業内容は予想通り、プリントされた文字を鋏で切って
>白い紙の上におくという方式でした。
>
>一人一人の机にワインガルトが赤ペンを持って回ってきて、
>良いと判断したものにチェックをしていきました
>(小泉先生の付けてくれるしるしとまったく同じでした!)。
>
>ワインガルトはみんなの質問に丁寧に答えていましたが、
>時々辛口のジョークを披露していました。
>
>ワインガルトに「Hitoshiの学校は日本一の学校か?」と
>聞かれたので 「そうです。」と答えました。
>
>小泉先生の授業が懐かしくなり、早く授業を
>うけたくなりました。
>あとは3Dの授業を残すのみとなりました。
>Baselの生活もあと残り少なくなりましたが、
>がんばって過ごしたいと思います。
>
>M & Oより
>7/14